念願の高知へ

何年も前から「今年の夏は高知行く?」と言い続けてきた。
タカラガイにこんなにはまる前から。

主人と王様は「海が好き!」というのが一番の理由。
私はもちろん海大好きだけど、親戚にも会いたいから。
母方の親戚がほとんど高知にいる。
特に母の一番上の姉の家が小さい時からの高知での拠点で、いつもお世話になっている。
もともと大家族で今はそれぞれ独立したけど、一番多い時は7人でとてもにぎやか。
王様もお気に入りで、私のいとこの次男(中3)と仲良し。
行く前から
「さとくん元気かなあ」
「ミョウガのお味噌汁ひさしぶりやなあ~」←いつも夏に行くのでミョウガは定番
「アイスたべほうだいや~」←冷凍庫にいつも満タンアイスが入っている
などなど、楽しみがここにもいっぱい。

去年までは王様の野球や部活の予定と、主人の夏休みがうまく合わずに断念してきた。
今年は塾の予定までばっちり合って、行くことになったのだ。
12日の王様の水泳の試合終了後夕飯食べて母(急遽一緒に行くことになった)を迎えに行き、19時に出発。
23時までに到着できるよう高速を走る走る…
あっというまに高知に到着した。

翌朝朝食をごちそうになり(みょうが&具だくさんお味噌汁はやっぱり美味しかった)なつかしさをかみしめる。
お米もおいしい!!
母は居残り私たちは海に向かって出発。

海沿いをタカラガイ探ししながら四万十のキャンプ場へ。
温泉に入りスーパーで夕飯用の鰹のたたきや土佐清水さばのさばめし、朝食用に帽子パンなどご当地モノを購入。
下流の方だったので少々暑かったけど、大阪市内のような熱帯夜ではない。
う~~ん快適だ。
期待していたペルセウス流星が曇りのため見られなかったのが心残り。

翌朝は早々にテントをたたみ、この旅の目的地足摺岬へ。
「タカラガイの聖地」と言われているだけあって、この辺りはたくさんの貝が落ちているだけではなく生きているタカラガイが見られる。
海の中は珊瑚礁でクマノミ&イソギンチャクやチョウチョウウオ類、ハコフグやウミスズメ…
ちょっとシュノーケルとマスク付けて観察しただけで気分は沖縄。
もちろんタカラガイもいろんな種類が岩や珊瑚にひっついている。
王様もテンション上がりまくり!!
つかまえてバケツに入れて観察。
いつも拾う貝殻とは輝きも全然違う。
欲しい。
標本用に持って帰って中身を抜く?
かわいそうやなあ~
いろんな思いがぐるぐるまわる。
でも私の「飼おう!」のひとことですべてが解決。
1種類1匹と言う約束で持ち帰ることに。
ああとうとうここまで来たか~
詳しくは主人がお気楽釣り日誌で語っている。

足摺の海に後ろ髪を引かれながら松葉川温泉へ。
ここで母や親戚と合流する約束だ。
予定通り5時頃に到着。
昨夜とは違うゴージャスな夜を過ごす。
温泉のお湯も最高でお肌がほんとつるっつるになった。

いよいよ大阪に帰る日に。楽しい時間はあっという間。
またまた親戚と別れ海沿いをタカラガイ探ししながら高知市内方面へ。
途中須崎の鍋焼きラーメンを食べ、最後の目的地宇佐の海にもぐる。
ここは前回の高知旅行で魚がたくさんいたので是非とも立ち寄ろうと決めていた。
たしか前回は6年前だ。
潜ってみると6年前とは全然違っていた。
私が小さい頃潮干狩りをした海なのにアサリは見あたらず、魚も少ない…
でも新たに1種類タカラガイを見つけ連れて帰ることに。

初日にお世話になった叔母の家に戻り夕飯をごちそうになる。
久礼のカツオだ。
でも正確に言うと久礼で買った鹿児島のカツオ。
今はそんな時期らしい。
あと串カツやら唐揚げやらごちそうをたっぷりいただき大阪へ。

ばたばたと忙しく満タンスケジュールの4日間。
たのしかった~~
[PR]
by manboumama | 2011-09-01 01:45
<< 海水水槽 あ~~なぁ~つやすみぃ~~♪(古っ) >>